大分県の西部に位置し、周囲を阿蘇・くじゅう山系や英彦山系の山々に囲まれた日田市は、豊かな自然と歴史、そして古くから交通の要所の地を背景に、いろいろな産業や文化が生まれています。
 特に、杉やヒノキの産地として知られ、古くから林業が盛んでした。中でも杉は、挿し木法が伝わることで江戸時代以降急速に植林が進み、雨の多い気候から、生育に適し、良質の杉が育ったこともあり、多くの人が林業・木材産業に携わってきました。
 産業観光の公式ホームページ『ひたりずむ』では、水と森が育んだ産業を中心に、見学・体験・交流できる施設を紹介します。