山と木のひたりずむ

 日田地方で初めて杉が植えられたのは延徳3年(1491)の頃。中津江村宮園の梅野神社が社殿を再建した際に、杉を植えたことが始まりとされています。水運を活用した筏運送による竹木の商いは1680年代に始まったとされ、日田市は日本の三大林業地として歴史を刻んできました。その森林面積は、約55000ヘクタール。「植えて、育てて、伐って、活かす」のが日田林業。その迫力の現場へと、足を運んでみませんか。

 

●日田杉資料館

 

●株式会社トライ・ウッド

 

●株式会社日田十条

 

●日田市森林組合

 

●株式会社九州木材市場

 

●株式会社グリーン発電大分天瀬発電所

 


1491 年、日田地方で初めて杉が植えられた宮園神社