月刊誌『教育旅行』2月号に日田の産業観光が掲載されました。

 

『教育旅行』2月号(毎月1日発行)に

【日田市】がグラビア特集されました。

 

ここでは、2015年4月に「近世日本の教育遺産群」として

日本遺産に認定された江戸時代の儒学者廣瀬淡窓(ひろせたんそう)の私塾「咸宜園(かんぎえん)」を中心に、歴史や文化、産業、地域おこしなどを紹介しながら日田の魅力を伝えています。

 

豊富な観光素材を持つ日田の地を教育旅行や企業、団体の

視察先に検討してみませんか。

「わが町再発見!バスツアー」2回目開催!!

11月24日(木)「わが町再発見!バスツアー」第2回目は

市内を離れ、津江方面へ!

 

上津江町にある、トライ・ウッド社の社有林「護持の森」では、

森林散策をしながら自然に触れ、

中津江村の鯛生金山では、坑内見学や砂金取り体験。

それから、天瀬町へ移動し、木材の未利用材を活用した発電所見学。

大人も時間を忘れて楽しんでいただきました。

 

 

知っているようで知らないわが町。

 

 

当ツアーに2回とも参加いただいた方もいて、

「学びあり、体験あり、とても充実した時間を過ごせた」と

皆様に満足いただきました。

 

ひた産業観光推進協議会では、

日田の魅力をどんどん発信できるよう新たな企画も計画中です!

 

団体旅行、視察旅行、個人旅行など幅広い旅行に組み合わせ可能です。

産業観光ツアーに興味のある方は

是非、事務局までお問い合わせください。

「わが町再発見!バスツアー」1回目開催!!

11月22日(火)「わが町再発見!バスツアー」と題し

「ひたりずむ」を紹介する産業観光バスツアーを実施しました。

 

 

今回はまず、自分たちが住む地のことを知ってもらいたい!と

日田市民の方々に参加いただきました。

 

日田杉資料館では、日田の林業の歴史を学び、

木材市場や製材所では、大きな原木丸太が積み上げられ、みるみるうちに角材へと加工される様子の見学。

下駄作り体験では、自分の好きな鼻緒と台を選び、下駄職人から手ほどきを受けながらオリジナルマイ下駄作り

 

世代を問わず楽しんでいただきました。

 

参加いただいた方々からは、

「地元に住んでいても普段入ることのできない工場の見学ができ勉強になった」、「自分が住む日田のことをもっと知りたい。そして、伝えていきたい」

 

また、参加いただいた方の中には、結婚や移住で日田に来た方々もいて

「このような機会がないと知ることのできない、日田の魅力を知るきっかけになった」といった声を沢山いただきました。